NPO法人設立の仕方

NPO法人は、株式会社などの設立と異なり、行政の認証が必要ですのでその分注意深い申請が必要です。とくに、これまである程度のある任意団体からの移行の場合、新規の立ち上げよりも目を配るべきポイントが多くあります。

NPO法人設立の仕方【STEP0】:設立総会に於いて設立を決定

NPO法人設立の仕方【STEP1】:申請書類の作成

 1 設立趣意書
 2 定款
 3 設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書
 4 設立当初の事業年度及び翌事業年度の活動予算書
 5 役員名簿
 6 就任承諾書及び誓約書のコピー
 7 役員の住所又は居所を証する書面
 8 社員のうち 10 名以上の者の名簿
 9 確認書
 10 設立についての意思の決定を証する議事録のコピー   設立総会の議事録
 11 設立認証申請書

NPO法人設立の仕方【STEP2】:申請書類の提出

 ・NPOの認証申請がなされると、公報に掲載され、受理した日から2ヶ月間公衆

  に縦覧されます。

 ・縦覧されるのは、定款、設立趣意書、事業計画書、収支計画書という人物関係

  書面を除いた重要書類です。

NPO法人設立の仕方【STEP3】:認証・不認証の決定

 ・申請受理日から4ヶ月以内に認証・不認証の決定がなされます。

NPO法人設立の仕方【STEP4】:NPO法人設立登記(主たる事務所)

 ・認証書が届いた日から2週間以内に登記を行ないます。

 ・主たる事務所の所在地を管轄する法務局で行ないます。

NPO法人設立の仕方【STEP5】:NPO法人設立登記(従たる事務所)

 ・NPO法人設立登記から2週間以内に登記を行ないます。

 ・従たる事務所の所在地を管轄する法務局で行ないます。

NPO法人設立の仕方【STEP6】:設立登記完了届出書を提出

NPO法人設立の仕方に悩んだら、アルファサポート行政書士

メモ: * は入力必須項目です